サイト内ワード検索


ワード:従五位下
2016年7月11日12時57分

「従五位下」は、日本の位階のひとつ。「真田丸」の劇中で注目を集めました!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。

▼▽楽天市場売上ランキングより▽▼
Supported by Rakuten Developers


TOPへ
従五位下に関連する動画&ツイート情報ページです!



従五位下関連ツイート

歴史教育研究BOT
711年、元明天皇の時代に蓄銭叙位令が出されました。貨幣を貯めた者には位を授けるというもの。『続日本紀』には銭を献上して位を授かった例があります。753年、板持連真釣が銭100万枚を献上して、従五位下を得ています。貴族として扱われる位です。収入は年収1570万円ほどになりました。

天龍寺艦@12/14~15福島遠征
到着。今年も来たぜ八槻市! 陸奥国一宮、八槻明神 式内社「陸奥國 白河郡 都都古和氣神社 名神大」論社 六国史終了時の神階は従五位下勲十等 https://t.co/W9Thmx2IGZ

バアルのようなもの
日本では官位が人間以外に与えられることがあった 将軍吉宗が中御門天皇に象を見せたいと要望し、天皇にお目見えがかなう四位の位を授けた例(18世紀)や遣唐使が乗って無事往復した船が従五位下の位を授かった例(8世紀)がある #今日の雑学

真田家BOT
1594(文禄3年)11月 豊臣秀吉「真田源三郎信幸。そなたには朝廷より従五位下 伊豆守を任官する。同時に真田源次郎幸村。そなたには従五位下 左衛門佐を叙任する。兄弟共々豊臣家に忠節をつくすように。」

源 経基
以武蔵介源経基叙従五位下。依申東国凶賊平将門謀反之由也。 『日本紀略』 天慶三年正月九日乙亥条

神野アキ
従五位下になったのほぼ同年なんだよなこの2人

Lamic
@oukei01 長尾の4月23日、従五位下弾正少弼に叙任。は史実と変わりそうです。 弾正少弼は正五位下相当。将軍の贔屓?で「官」が「位」より高めですね。従五位には任命されるかもですが、官は「越後守(従五位下)」ですかね?謙信は… https://t.co/tdA6xaA9no

フランソワーズ
今日は牧野康成の命日(慶長14年・1610年1月6日)。 徳川家康の家臣。従五位下、右馬允。東三河旗頭の酒井忠次の寄子として、徳川の主要な戦さに参陣。関ヶ原の時は秀忠隊に属したが、上田城攻めで軍令違反を犯し、蟄居させられた。戒名月照院殿前典厩応誉栄感称徳大居士。

旅のお守り
貞観元年――七月十一日、出雲国従五位下佐陀神、無位湯坐志去日女命に並びに正五位下を授けき。 『日本三代実録』 《島根県松江市-玉作湯神社-》 #松江 https://t.co/dcQ7T17cHA

軍神ー上杉謙信∞イケメン戦国
オッドアイだが、青と緑だ。惜しいな。階級は従五位下だったが、没後の1908年(明治41年)9月9日 に従二位を叙された。特技は琵琶(朝風愛用)。一人称はイケ戦では俺。 https://t.co/8KUT3pHULk

真田家BOT
1594(文禄3年)11月 豊臣秀吉「真田源三郎信幸。そなたには朝廷より従五位下 伊豆守を任官する。同時に真田源次郎幸村。そなたには従五位下 左衛門佐を叙任する。兄弟共々豊臣家に忠節をつくすように。」

真田信之
天正18(1590)年、秀吉が小田原征伐を発すると、私は大道寺政繁が守る北条方の松井田城を攻めた。北条氏が滅亡して沼田が真田領となると、私は沼田城主になり、文禄3(1594)年に従五位下・伊豆守に叙任された。 https://t.co/x3FumGrpU7

眞耶
従五位下、鎧塚山城守……

平家貞
おぉ、すなわち 頼盛さまは従四位下、経盛さまは従五位下、教盛さまは従五位上、そして、そして殿はついに…?!

白鷺手鞠
国司の官位相当表 筑前守=上国守=従五位下 豊後守=上国守=従五位下 筑後守=上国守=従五位下=外従五位下? 筑前介=上国介=従六位上 壱岐守=下国守=従六位下 大隅目=中国目=大初位下 筑前目=上国目=従八位下 壱岐目=下国目=… https://t.co/jQO2b0I7oa

白鷺手鞠
刑部省の 大判事=正五位下相当 中判事=正六位下 少判事=従六位下 であったが、 大宰府は1ランク下がって 大判事(だいはんじ)=従六位下 少判事=正七位上 で、地図を楽しむ・古代史の謎と一致。 https://t.co/8uwLX50lCE

白鷺手鞠
少弐(しょうに)も、従五位下相当で、地図を楽しむ・古代史の謎の従五位上とは、ずれている。 https://t.co/ZTItMPfdzC

歴史教育研究BOT
711年、元明天皇の時代に蓄銭叙位令が出されました。貨幣を貯めた者には位を授けるというもの。『続日本紀』には銭を献上して位を授かった例があります。753年、板持連真釣が銭100万枚を献上して、従五位下を得ています。貴族として扱われる位です。収入は年収1570万円ほどになりました。

越中前司盛俊
【源則清】清和源氏満政流。従五位下、兵庫允、美濃守。源氏の流れを汲みながら平家の家人として内府様(平宗盛)にお仕えしていた。治承、寿永の乱に於いても平家に従軍された。壇ノ浦の戦い後の元暦二年、内府様や叔父、源(飯富)季貞殿らと共に生け捕られ鎌倉へ護送された。

足利家時bot
『勘仲記』弘安5年11月25日条(前略)今夕被行小除目僧事、(中略)伊勢守藤盛綱、伊予守源家時、右近少将源親平〈按察卿二男〉、(中略)従五位下源宗家、清原泰尚、(後略)。