サイト内ワード検索


ワード:本屋大賞
2019年4月20日09時32分

「本屋大賞」が話題になっていますので、この本屋大賞にまつわる動画、ツイートなどを集めました!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。

Supported by Rakuten Developers



TOPへ
本屋大賞に関連する動画&ツイート情報ページです!



本屋大賞関連ツイート

しなっちょ
この1年ぐらい「名刺代わりの小説10選」レベルの作品になかなか出会えず ただただ面白い小説を読みたいと「うずうず」「もやもや」している今日この頃 僕が「本屋大賞」と同じく参考にしているのが「山田風太郎賞」 第5回受賞作の荻原… https://t.co/vCGcqJDfyU

ハナ*書店員垢
本屋大賞ノミネートのPV私も便乗して流してたら、 『ノースライト』店頭分からなくなってたので慌ててストックから出しました。°(° ˆᴗˆ °)°。 足りないので追加かけます!(^^)! 朝来て一番に嬉しい出来事だった〜( *´艸`)♥

守村🌾
目的なく本買う時はよく本屋大賞とかそういうの参考にすると当たるし

藻屑
主人公が成長していくさまが本当に泣けます…。水墨画を通していろんな人と関わっていく。そして水墨画に真っ正面から向き合って心をほどいていく…良い読書体験でした。 本屋大賞にノミネートされている作品ですし、皆さんもこれを機会に読んでみてください!

藻屑
『線は、僕を描く』砥上裕將 著 読了 めっっっっっっちゃいい…この本めっっっっっちゃいいよ… 本屋大賞にノミネートされたし積ん読してたしこれを機に読むか~って読んでみたらあまりにもよすぎた…ぜひ読んでもらいたい一作…。→続く

本マメ
2010年本屋大賞は『天地明察』 著/冲方丁 (角川書店)だったねぇ。 '冲方' は「うぶかた」って読むんだよ、知ってたよね? 2位は『神様のカルテ』 著/夏川草介 (小学館)で、3位は『横道世之介』 著/吉田修一 (毎日新聞社)でした(^^)

鉄道小説大賞【公式】
「鉄道小説大賞」受賞作品 【大賞】「橋の記憶」宮崎辰夫 【優秀賞】2作品【相鉄賞】2作品【本屋特別賞】1作品 受賞作品は公式サイトにて掲載しております。 https://t.co/GbqWNO50xY

時々
恋愛小説を読むと、書き手の経験値がだいたい予測できてしまうのは本の虫なら誰しも感じていることだろう。 先日、本屋大賞上位にもランクインしたとある物語を読んだ。

なかましんぶん編集長
@mmmichy これで本屋大賞発表会に…!?

本マメ
2009年本屋大賞は『告白』 著/湊かなえ(双葉社)だったね。翌年に松たか子主演で映画化されて日本アカデミー賞とったよね。観たかったな・・・( ´•ω•`) 2位は 『のぼうの城』 著/和田竜(小学館)、3位は 『ジョーカー・ゲーム』 著/柳広司(角川書店)だー。

【公式】村上海賊の娘
本屋大賞受賞の和田竜さん! https://t.co/P8X14Ybdxr

チビ汰
離婚て結婚より大量の書類があって大変なんだって初めて知った💦 昨日無事離婚(笑) まだ市役所通いが続くから2月は全然本読めない(´°̥̥̥ω°̥̥̥`) 3月、4月は新しい仕事でバタバタでまた読めないんだろうな、、 本屋大賞今年は… https://t.co/ZzqbHUi2XG

読書のbot
君の膵臓を食べたい(双葉社) 本屋大賞2位、読書メーター読みたい本ランキング1位など数々の評価を受けた小説です。

Ichikawa. 8
@ash1208kmzw 本屋裏大賞本にも未読のもの数冊が気になります。(^-^) 積ん読本を消化しつつ、読み進めたいと思います。

くまざわ書店南千住店
本屋裏大賞2020に選出した坂井希久子さんの『妻の終活』の重版4刷が決まったそうです!おめでとうございます! #坂井希久子 #妻の終活 https://t.co/znCY0bQKXj https://t.co/8KqsqS2Yse

まるちゃん
#流浪の月 凪良ゆう 2020年本屋大賞ノミネート作品 小学生の少女が、大学生の青年に誘拐され監禁される事件⁉️そして、その後の彼女と彼の歩みが2人の視点で描かれます。 美味しそうなアイスクリーム🍨…読めば納得の表紙なんです😊… https://t.co/gVdtW77zhn

QMAミステリー問題Bot1
[順当て]次の森見登美彦の小説を本屋大賞にノミネートされた順に選びなさい → 『夜は短し歩けよ乙女』→『有頂天家族』→『ペンギン・ハイウェイ』 ※どうやらこの3作品のみの模様

ガンズアンド悶絶
#読書感想 熱源 川越宗一 文藝春秋 小説、本屋大賞ノミネート作品、直木賞受賞作。 サハリンに住んでいた少数民族(アイヌ含む)の物語。 日本人、ロシア人による開拓、侵略、戦争。 変わっていく、壊れていく民俗文化。 人の生きていく力についての物語。

ライ線にわかbot-2
No.111 次の2012年に本屋大賞にノミネートされた本とその作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒誰かが足りない―宮下奈都、ユリゴコロ―沼田まほかる、舟を編む―三浦しをん

おかゆ
本屋大賞ノミネート作品どれ読んでも面白いんだけど!!次は何を読もうかな📕✨