サイト内ワード検索


ワード:はしか
2019年2月14日15時51分

「はしか」が注目を集めているようなので、このはしかに関連するウェブコンテンツを集めてみました!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。

Supported by Rakuten Developers


TOPへ
はしかに関連する動画&ツイート情報ページです!



はしか関連ツイート

sengen
米国「はしか流行騒動」で起きた予防接種強制法案の結末とは? https://t.co/N8gExYYU7M …自然界に存在しないワクチン由来のはしか感染を予防するためにワクチンウィルスを摂取という負のサイクルを繰り返しているんです… https://t.co/z6if9xi68v

てるみん
@ado_one ウチの娘は 教室の自分の机の四方全員がインフル発症した中、 全くかからず。 ほぼ全員復帰してから、極々軽かったのが 21年生きてきた中で2度ほど。 小さいうちにかかっておけ、な はしか・おたふく・水疱瘡・風疹も かかっていないので、 そっちが心配です。

レメディー.bot
Acon ①寒気 ②ショック ③パニック障害 ④麻疹(はしかの発疹)・ジフテリアの白い偽膜 Arn ①あらゆる怪我 ②心の傷(トラウマ) ③小さいでできもの ④皮膚の癒着 Ars ①死の恐怖 ②食中毒 ③冷え ④白斑、皮膚の黒… https://t.co/Yfyw8P4vmH

おかにゃの恋愛名言bot
恋ははしかと同じで、誰でも一度はかかる ##恋愛の名言

出口 由希
中学生男子が謎の英文の書かれた黒い服を着たがるのと一緒。 はしかみたいなもの。 数年したら恥ずかしくて過去の自分を抹殺したくなるやつ。 https://t.co/IfH0DSb6dA

柳田 空導
@coprolite ごはんはしかに見えた

thea2000
恋ははしかと同じで、誰でも一度はかかる。

Ma Tsukiyo
「リストでははしかや風疹、インフルエンザなど、感染力が高かったり大きな流行を引き起こしたりする感染症のほか、国内では症例が少ない「侵襲性髄膜炎菌感染症」など合わせて8種類について、大会関係者やボランティアなどは事前にワクチンを接種… https://t.co/0gkwDcvMmB

男 前太郎
シートロン氏は患者を診察した医療関係者に感染者が出ておらず、感染者に接触した700人あまりも発症していないとの中国当局の報告は安心材料だと言及。はしかやインフルエンザなど非常に感染が広がりやすい部類のものではないと語った。 https://t.co/YK4v1TtvsO

Riho@娘がuc
@Ibd007 夫ははしかの疑いの時に 「行っても迷惑、行かなくても迷惑。なら休む」と言って休んでいました。 結果、はしかではなかったのですが、偉いと思いましたね~。

恋愛の名言格言~Love sick~
恋ははしかと同じで、誰でも一度はかかる。 byジェローム

慶應用語集2017
信濃町キャンパス 医学部、慶應義塾大学病院などがあるキャンパス。医学部の2年生以上と看護医療学部の3年生が通う。学生・職員ともはしかの予防接種が100%されており、数年前にはしかが流行った時も休校措置が取られなかったすごいキャンパスでもある。 #慶應用語集

健康・医療の情報屋
日本人は「はしか流行」の怖さをわかってない 予防接種1回のみだと免疫には不安が残る | 健康 - 東洋経済オンライン https://t.co/gmfUyEv5xZ #東洋経済オンライン Toyokeizaiさんから

雅❀ ちゃん現場ねくすとぅ1/19
まってなんかポニテで茶髪だからか知らんけどめちゃめちゃにはしか期感wwwwwwwwww https://t.co/t33ZGPbSau

もねはシュアの喉仏に住みたい
@GamerWN0717 はしかんかわいい

🐯たいが🐯
他メンの握手会を既に8枚投げちゃったので、嘘ではないけどそらはしか!とかいうとたぶん陽明学的には一発アウト

木村誠@数学コンサルタントaura
skype aura skypeで本格的な数学がご自宅で学べるので、はしかの心配もインフルエンザの心配ありません。 講師生活15年で第1志望高校に入れなかった生徒はほぼゼロ。 指導に自信あり。 https://t.co/59ZBC7vuQI

みの
はしかみハマの駅あるでぃ〜ばの1月のイベント「厳冬の今が旬 はしかみのタラまつり」。1月26日(日)10時から。 https://t.co/k3SsgJBEgy

ふぇん
はしかに比べたらまだカスみたいな感染力でしかないんだよなぁ

ジャン・アメリー
踏み切りを敢行する人は必ずしも狂気に陥ったわけではない、ましてどんな状況でも必ず「とりみだした」り「うろたえた」りするわけでは断じてない。自死への傾向ははしかとはちがう、治療しなおさなければならない病気などではない。『自らに手をくだし』