ワード:オステオカルシン
2017年2月17日

「オステオカルシン」は、たんぱく質の一種。臓器の活性化に効果的と「ガッテン!」で紹介して話題になりました。このオステオカルシンに関連するウェブコンテンツを揃えてみました。ウェブページや動画、ツイートなどなど!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。

Supported by Rakuten Developers



TOPへ
オステオカルシンの記事や動画などの情報ページです!



オステオカルシン関連ツイート

婦人公論
【婦人公論.jp 新着記事】 「私たちの健康に欠かせない、オステオカルシンとオステオポンチン。しかし、加齢や運動不足などで骨代謝が落ちると、両者の働きが悪くなってしまいます」 〈肝心なのは骨の新陳代謝。「骨トレ」を始めよう!〉… https://t.co/zDAtzwJqYz

臨床検査技師国家試験ウラ解答bot
骨芽細胞の増殖で血中濃度が上昇するのはオステオカルシンや骨型アルカリホスファターゼなどの骨形成マーカーである

pediatric_med
【vitK依存】①凝固因子:半減期は7<9<10<2。よってワーファリンの効果判定ではまずPT測る。②凝固阻止因子:PS&PCもvitK依存。③骨代謝因子:オステオカルシン。ワーファリンで催奇形の原因。vitKが骨粗鬆症治療薬。

薬理まとめ
[問題]アレンドロン酸ナトリウム水和物は、骨芽細胞におけるオステオカルシンの合成を促進する。[解答]<×>[解説]アレンドロン酸は、ビスホスホネート製剤であり、ヒドロキシアパタイトに結合し、結晶化、溶解を抑制、骨の破骨細胞による骨吸収抑制作用をもつ。

あっくんbot
骨形成マーカーは血中骨型アルカリフォスファターゼ、オステオカルシン、 骨吸収マーカーはデオキシピリジノリンやNTX。

国試の正文エキス(生物)bot
オステオカルシンは、ビタミンK依存性タンパク質である。(98回)

5%の確率でオステオポンチン放出bot
オステオカルシン~

pediatric_med
【vitK依存】①凝固因子:半減期は7<9<10<2。よってワーファリンの効果判定ではまずPT測る。②凝固阻止因子:PS&PCもvitK依存。③骨代謝因子:オステオカルシン。ワーファリンで催奇形の原因。vitKが骨粗鬆症治療薬。

あっくんbot
骨形成マーカーは血中骨型アルカリフォスファターゼ、オステオカルシン、 骨吸収マーカーはデオキシピリジノリンやNTX。

あっくんbot
骨形成マーカーは血中骨型アルカリフォスファターゼ、オステオカルシン、 骨吸収マーカーはデオキシピリジノリンやNTX。

pediatric_med
【vitK依存】①凝固因子:半減期は7<9<10<2。よってワーファリンの効果判定ではまずPT測る。②凝固阻止因子:PS&PCもvitK依存。③骨代謝因子:オステオカルシン。ワーファリンで催奇形の原因。vitKが骨粗鬆症治療薬。