サイト内ワード検索


ワード:死海文書
2017年2月12日11時16分

「死海文書」は、死海近くの洞窟で発見された写本集。12番目の洞窟を発見して巷の話題になっています。この死海文書に関連するウェブコンテンツを集めてみました!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。

Supported by Rakuten Developers



TOPへ
死海文書に関連する動画&ツイート情報ページです!



死海文書関連ツイート

トロピカリ
良くも悪くもその辺に風穴を"開けてしまった"のが四半世紀前のアレだとずっと思ってる。オタの目線からでも対極にいるような陽キャや社会的に結構な立場の人がオタに『死海文書とは!?』とか目を爛々として話聞いてるの、パラダイムシフトが起きたと思ったよ

綾波jbot
@Hoshi_Shinichi_ それは夢じゃない。ただの裏死海文書の埋め合わせよ。


ラクガキ帳落としちまった・・・。恥ずかしいポエムとか書いてあるから見るなよ。 「死海文書」ってんだけど、どこいったかなぁ?

DT(生殖去勢)
喪男板、ツイッタランドのフェミ問題に関する死海文書か?

逮捕しちゃうぞっ★
今日は死海文書フラゲ日^ ^

エヴァンゲリオン・簡単解説
20世紀に入りゼーレが裏死海文書を手にした。 #エヴァンゲリオン #エヴァ #Evangelion

渚カヲルbot
そうだ。死海文書は掟の書へと行を移した。約束の時は近い

エヴァンゲリオン・簡単解説
南極に白き月が落ちた際、アダムと一緒にロンギヌスの槍と裏死海文書が入っていた #エヴァンゲリオン #エヴァ #Evangelion

大人気アニメの裏話♡
【エヴァンゲリオン OP】 ”残酷な天使のテーゼ”の曲の途中、理解不能な「ファリィア~セタメッソ ファリィア~トゥスェ」という間奏がある。これは本作にも登場する未解読書「死海文書」で、「死海文書の作者は地球外生命体」という説もある。 https://t.co/30zzGbrfQX

🗽JOSTARジョウスタ総数3935本動画公開YouTuberプロコンサルタント厳選tiktokr
新世紀エヴァンゲリオン』でも注目 牧師に聞く「死海文書」の真相は? https://t.co/hEgHlkkR8S @YouTubeより

鬼サブロウ 秘密のたからばこ
世界最古の国 ユダヤの血脈 イエスキリストが余生を過した国 秘密のたからばこと同一の内容が 後に解読された死海文書にも記載 ネットでは相変わらず⁉️付の『日本人救世主説』だが いつまでも予言のロマンを楽しむ時間的余裕はないのですhttps://t.co/Z8wgAKVQjJ

ハイク・カプセル
2/18 コロナウイルス死海文書を開く #俳句日記365📘鈴木茂雄

LaTu
"すれ違ってたり噛み合ってなかったりするのは構わないが、一回別れてるのは駄目だ、私は耐えられない 別れるくらいならくっつくな(タカ派)" ──ドン引きの死海文書より

LaTu
なんか普通は見えないものを常に受信しているみたいですね、この死海文書を書かれたオタクは。でもオタクってさ!みんなそうじゃんか!

LaTu
ろまのくん、きみは男なんて絶対に好きになる訳がないと言っておきながらおやぶんといちゃいちゃするのが満更でもないなぁと思っているのは何故なんだね。ただちに答えたまえ!!(この妄言150%な感じがずっと続いてる。ドン引きの死海文書や)

kiyo.
@mytrader001 ゲェェェエエ工!!!Σ( ̄□ ̄;)!! 古代文字ですか!!!Σ( ̄□ ̄;)!! 死海文書ですね!ヽ(´Д`;)ノアゥア...

リリンからの、アスレイマリ
【EVANGELION:3.33】 碇と冬月は謁見の間にて、死海文書契約改定の儀が行っていた 永きに渡り全世界を裏で操った秘密結社ゼーレ 碇は人類への文明の齎しに感謝の意を述べる 『宿願たる人類補完計画と諦観された神殺し』 キール… https://t.co/Xm9WidFtPp

令和も丹羽が悪いbot
・・・そのグルガン族の男は静かに語った・・・ 文連(出典:死海文書)の“聖人”元常(斬魔刀の使い手)長・買収された丹羽が悪い

shou@パズドラ@エヴァ
「人類補完計画は死海文書通りに遂行される。もはや我々と語る必要はない」「碇、今度は第13号機を使うつもりか?」 「まあいい。俺はお前の計画についていくだけだ。ユイ君のためにもな」

ちか@R指定大好き♡
R指定のCLIMAX47鹿児島のZさんチェキとマスキングテープ両方とパーカー、死海文書TシャツMサイズを未開封未使用の物でお譲りして下さる方を探しております! 定価+送料で買取り希望ですが、お値下げ可能ですと大歓迎です! お気軽にお声かけ下さい! (続く)