ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウンモッピー!お金がたまるポイントサイト

ワード:松代藩
2016年12月20日

「松代藩」は、現在の長野県にあった江戸時代の藩。最終回を迎えた「真田丸」の劇中で話題になりました。この松代藩に関連するウェブコンテンツを揃えてみました。ウェブページや動画、ツイートなどなど!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。

Supported by Rakuten Developers



TOPへ
松代藩の記事や動画などの情報ページです!



松代藩関連ツイート

お面本丸@帰城
<四方山話> 私が個人的に実装してほしい刀、第1位は山浦真雄 うちにいる長曽祢虎徹の贋作を本来作った刀匠 源清麿の兄であり師でもある。清麿と比べると 知名度は低いが『信州松代藩の荒試し』に出された 真雄の刀はは恐ろしい程の頑健さでもって彼の腕を 世に知らしめた伝説の一振りだ

旅人@歴史の扉
おはようございます😃 火曜日の朝です❗️ 今朝の神社は #象山神社 ⛩ #長野 #松代 に鎮座し、御祭神は #佐久間象山 #幕末 の #尊皇開国 論者で数々の維新志士を輩出するも、#尊攘派 により暗殺🙏 #真田 の松代藩… https://t.co/wSeDtDOE7l

偏った上田市雑学たん(ガチ休止中)
大輪時(だいりんじ)は上田地域中央にあるお寺よ。真田昌幸さんの奥さん、山之手殿こと寒松院さんの御墓があるの。中門には「天照山」の額があるの。松代藩八代藩主真田幸貫さんの筆よ。上田城の鬼門にあたる方角に建てられたの。私の祖先のお墓もここにあるのよ。

真田信之
松代藩は松代城に藩庁を置く川中島4郡(水内郡144村、埴科郡26村、更科郡117村、高井郡12村)を支配した松代真田氏の領国だ。10万石は信濃国では最大の石高である。初期には沼田藩3万石も支藩として持っていたので表高は13万石以上… https://t.co/x9ynvcTQja

真田の武将紹介bot
真田信直 五代目沼田藩主。信吉の次男。実名は信利とも言われるがこれは間違いらしい。叔父信政が死去すると松代藩の後継者として名乗りあげるが祖父信之により信政の子幸道が後継者となる。本家の松代藩に対抗するため重税を強いたが江戸両国橋の木材の調達が間に合わず改易される。

お面本丸@帰城
<四方山話> 私が個人的に実装してほしい刀、第1位は山浦真雄 うちにいる長曽祢虎徹の贋作を本来作った刀匠 源清麿の兄であり師でもある。清麿と比べると 知名度は低いが『信州松代藩の荒試し』に出された 真雄の刀はは恐ろしい程の頑健さでもって彼の腕を 世に知らしめた伝説の一振りだ

真田信之
嘉永6(1853)年と安政元(1854)年のペリー来航、皆も知っておろう。実は松代藩が横浜警備を担当したのだよ。軍議役の佐久間象山が藩兵400人に大砲5門と洋銃を持参させて警備を指揮した。『横浜応接場秘図』は御用絵師の高川文筌が描… https://t.co/iU2QMtdQFa

真田の武将紹介bot
石田三成 豊臣家の奉行衆。有能だけど人気のない人。真田親子と結構仲良かったらしい。家康の上杉征伐の隙を突いて挙兵し関ヶ原合戦を引き起こすが諸将の裏切りに遭い敗北する。真田信之とマブダチだったらしく、三成の書状が松代藩に幕末まで伝わっている。

お面本丸@帰城
<四方山話> 私が個人的に実装してほしい刀、第1位は山浦真雄 うちにいる長曽祢虎徹の贋作を本来作った刀匠 源清麿の兄であり師でもある。清麿と比べると 知名度は低いが『信州松代藩の荒試し』に出された 真雄の刀はは恐ろしい程の頑健さでもって彼の腕を 世に知らしめた伝説の一振りだ

町田 明広
今からちょうど156年前、元治1年4月3日、「幕府、松代藩士佐久間修理「象山」に海陸備向掛手付雇を命じ、扶持方二十人手当金拾五両を給す。禁裏守衛総督徳川慶喜、水戸藩家老武田正生「耕雲斎」に、禁闕守護及摂海防禦の大任を蒙れるを報じ、正生の兵を率いて上京し己を扶翼せんことを依頼す」。

みや
松代藩十万石真田家の菩提寺 信州松代 真田山 長國寺を参拝。 御霊屋の拝観、説明をしてもらいました。 松代城の鯱、初代藩主真田信之公の御霊屋の作りに驚かされる。 https://t.co/CwhTRURdq8

お面本丸@帰城
<四方山話> 私が個人的に実装してほしい刀、第1位は山浦真雄 うちにいる長曽祢虎徹の贋作を本来作った刀匠 源清麿の兄であり師でもある。清麿と比べると 知名度は低いが『信州松代藩の荒試し』に出された 真雄の刀はは恐ろしい程の頑健さでもって彼の腕を 世に知らしめた伝説の一振りだ

町田 明広
今からちょうど156年前、元治1年4月3日、「幕府、松代藩士佐久間修理「象山」に海陸備向掛手付雇を命じ、扶持方二十人手当金拾五両を給す。禁裏守衛総督徳川慶喜、水戸藩家老武田正生「耕雲斎」に、禁闕守護及摂海防禦の大任を蒙れるを報じ、正生の兵を率いて上京し己を扶翼せんことを依頼す」。

お面本丸@帰城
<四方山話> 私が個人的に実装してほしい刀、第1位は山浦真雄 うちにいる長曽祢虎徹の贋作を本来作った刀匠 源清麿の兄であり師でもある。清麿と比べると 知名度は低いが『信州松代藩の荒試し』に出された 真雄の刀はは恐ろしい程の頑健さでもって彼の腕を 世に知らしめた伝説の一振りだ

真田信之
元和8(1622)年、上田から松代へ転封を命じられ、私は20万両の大金を持って入封した。私も妻(※小松姫)も質素倹約に努めた。父と弟信繁が紀州九度山へ配流された時も、私費で生活費を援助し、決して藩の金は使わなかったほどだ。 https://t.co/i3Cn3VZRtn

お面本丸@帰城
<四方山話> 私が個人的に実装してほしい刀、第1位は山浦真雄 うちにいる長曽祢虎徹の贋作を本来作った刀匠 源清麿の兄であり師でもある。清麿と比べると 知名度は低いが『信州松代藩の荒試し』に出された 真雄の刀はは恐ろしい程の頑健さでもって彼の腕を 世に知らしめた伝説の一振りだ

お面本丸@帰城
<四方山話> 私が個人的に実装してほしい刀、第1位は山浦真雄 うちにいる長曽祢虎徹の贋作を本来作った刀匠 源清麿の兄であり師でもある。清麿と比べると 知名度は低いが『信州松代藩の荒試し』に出された 真雄の刀はは恐ろしい程の頑健さでもって彼の腕を 世に知らしめた伝説の一振りだ

真田信之
真田騒動を経て真田幸道が3代松代藩主となったが、2歳の幼子だったので私が藩政を執ることになった。真田騒動で信利は沼田藩3万石として独立したため松代藩は3万石減の10万石となった。まあ10万石は信濃で最大の石高だが。 https://t.co/hAQKZ5UXsp

お面本丸@帰城
<四方山話> 私が個人的に実装してほしい刀、第1位は山浦真雄 うちにいる長曽祢虎徹の贋作を本来作った刀匠 源清麿の兄であり師でもある。清麿と比べると 知名度は低いが『信州松代藩の荒試し』に出された 真雄の刀はは恐ろしい程の頑健さでもって彼の腕を 世に知らしめた伝説の一振りだ

真田信之
慶長19(1614)年の大坂冬の陣。私は病気ということで参戦しなかったが、長男信吉と次男信政が従軍した。この時の戦功で、真田氏は元和8(1622)年に上田藩9万5千石から松代藩13万石(沼田3万石は継承)に移封となった。 https://t.co/b3HxOv1IVT