ワード:佐久間象山
2016年12月20日06時10分

「佐久間象山」は、江戸時代後期の松代藩士。最終回を迎えた「真田丸」の劇中で話題になりました。この佐久間象山に関連するウェブコンテンツを集めてみました!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。

Supported by Rakuten Developers



TOPへ
佐久間象山に関連する動画&ツイート情報ページです!



佐久間象山関連ツイート

幕末小話bot
[義理兄弟] 佐久間象山と勝海舟、 吉田松陰と久坂玄端 高橋泥舟と山岡鉄舟 荒井郁之助と松本良順 これらは全て義理の兄弟である

公務員 思想 一問一答bot
Q 次のキーワードから連想される思想家は誰か。 「はじめ朱子学を学ぶが、後に洋学を積極的に摂取」「東洋道徳と西洋芸術」 A 佐久間象山

れーすけ
史実見てると河上彦斎が斬ったの、佐久間象山以外特段有名な名前がなくて、「記録に残らない人斬りを恒常的に」ってwikiにあったけど、それ実写の「弱ぇやつならいくらでも斬れるんだよ」と重なってヒュッてした

幕末・維新の人物bot
佐久間象山(さくましょうざん)松代藩士。江戸で江川英龍の下で兵学を学んだ他、洋楽に興味を持ち大砲やガラスの鋳造、電信や地震予知機の開発を行った。勝海舟や吉田松陰、坂本龍馬など多くの志士を育てた。一橋慶喜に開国と公武合体論を唱えるが、これに反対する尊攘派の志士によって暗殺された。

チェ・ゲバラ
"失敗するから成功がある" 佐久間象山

受験生だよ!宥姉bot
梢「東洋道徳・西洋芸術……佐久間象山の言葉です」宥「東洋の精神と西洋の技術を究めることで、国は豊かになるって思想だっけ。四字熟語だと和魂洋才かなぁ」梢「はい。旧態に固執せず、新風に乗ることで前進する。私達もそう在りたいです」宥「皆で前に進めるのは、あったかいことだね」

幕末人物なりきりbot
佐久間象山「黒船が〜?」 マシュー・ペリー「く〜る〜♪」

群馬県議会議員 斉藤まさる
おはようございます。佐久間象山は列強が進めつつある対外膨張と植民地支配は、抵抗できない自然の理のごときものと解釈し、崋山、長英と一線を画すことになった。過去に囚われず現実に対応できる先覚者であった。 【昨日の活動】 終日閉門蟄居。… https://t.co/z2H2nEPOnd

今に伝えたい幕末偉人名言
「謗る(そしる)者は 汝の謗る(そしる)に任せ 嗤う者は 汝の嗤うに任せん。天公 本我を知る。他人の知るを覚めず」佐久間象山.

心に刺さる、強烈な名言集
人間らしくしていては、 金持ちにはなれぬ。 佐久間象山

幕末人物なりきりbot
佐久間象山「黒船が〜?」 マシュー・ペリー「く〜る〜♪」

幕末・維新の人物bot
佐久間象山(さくましょうざん)松代藩士。江戸で江川英龍の下で兵学を学んだ他、洋楽に興味を持ち大砲やガラスの鋳造、電信や地震予知機の開発を行った。勝海舟や吉田松陰、坂本龍馬など多くの志士を育てた。一橋慶喜に開国と公武合体論を唱えるが、これに反対する尊攘派の志士によって暗殺された。

幕末小話bot
[天才の遺伝子] 佐久間象山は自らの優秀な遺伝子を残す為として、妾をたくさん作った。尚唯一の息子、啓之助は父の死後仇を討つため新撰組に入隊したが、後に脱走している

今に伝えたい幕末偉人名言
「時にあわば 散るもめでたし 桜花」佐久間象山

受験生だよ!宥姉bot
梢「東洋道徳・西洋芸術……佐久間象山の言葉です」宥「東洋の精神と西洋の技術を究めることで、国は豊かになるって思想だっけ。四字熟語だと和魂洋才かなぁ」梢「はい。旧態に固執せず、新風に乗ることで前進する。私達もそう在りたいです」宥「皆で前に進めるのは、あったかいことだね」

ルクス・エテルナ
佐久間象山と木曾義仲は信州男児の魂の支えであるのだが、なんか「知的能力はあってもコミュニケーション能力が」みたいな人みたいに見られているらしいのだ。

ラッキークッキー
▼番外編 歴史上の人物の愛馬名 ✅佐久間象山→王庭(おうば) ✅豊臣秀頼→太平楽(たいへいらく) ✅明治天皇→金華山 ✅昭和天皇→白雪 ✅劉備→的盧(てきろ) ✅伊達政宗→荒波、太刀風【たちかぜ】 ✅蒲生氏郷→稲妻 #JRA #競馬 #競走馬 #馬名 #日本中央競馬

(Hard寄り)文系エフェクトbot1号
Q54.佐久間象山を暗殺したことで有名な幕末の武士 【河上彦斎】 A.かわかみげんさい

公開霊言名言bot
「沖縄からの米軍撤去」を言うんだったら、同時に、「自主防衛」も同じくらいの大きさで言わなければいかんだろう。【佐久間象山】#霊言 https://t.co/GXJ3SSlg31

maruya_essai
佐久間象山は、いつも相手が不得手なところにぶつかるのを対話術のコツとする人であつたさうである。つまり、漢学者と話をするときには蘭学でゆく。漢詩人には和歌をもつて当り、歌人には漢詩、酒客には茶、茶人には酒、といふ調子であつたと噂に聞くが「真偽は詳かならず」と書いている。『軽い…』