ワード:労働基準法36条
2016年11月2日

「労働基準法36条」は、時間外労働の法律。元厚生労働相の田村憲久氏が見直しの必要性を主張して話題になりました。このワードに関連するウェブコンテンツを集めてみました!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。

Supported by Rakuten Developers



TOPへ
労働基準法36条の記事や動画などの情報ページです!



労働基準法36条関連ツイート

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

T.A.K.U.
労働基準法第36条 https://t.co/2hGNpKAvx8

あきかんちゃん
@ITON1988 労働基準法36条と交換してもらえ

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

JTSU-E 山梨支部
労働基準法第36条過半数代表者選挙で、山梨支部内の職場「甲府運輸区」がJTSU-E推薦候補者が当選! 職場では休日出勤が蔓延、年休が入らない事象が相次いでおり、多くの人々が疲弊しています! 会社をブラック企業にさせない36協定締結… https://t.co/9sTRCaj2i7

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

LOUD MINORITY.
過労死防止をうたいながら、過労死ライン(1ヵ月の残業100時間)の労働を認める日本。 労働基準法で1日8時間、週40時間を超えて働かせてはいけないはずが、36条労使協定で抜け道を作っている。 1日8時間労働を守れば過労死は無くなる… https://t.co/d17ZX63BOl

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

o
しかし、労働基準法第36条には「使用者とその事業場の労働者の過半数で組織する労働組合又は事業場の労働者の過半数の代表者とが時間外労働、休日労働について協定を書面で締結し、これを行政官庁に届け出た場合」に従業員に対して法定労働時間外… https://t.co/0IKzKS5IfG

o
36協定(さぶろく/さんろくきょうてい)とは、労働基準法第36条の規定に基づき労使間で締結される協定です。 労働基準法第32条の1では、法定労働時間は原則として1週で40時間、1日に8時間とし、これを超えて労働させてはならないと定めています。