サイト内ワード検索


ワード:労働基準法36条
2016年11月2日08時38分

「労働基準法36条」は、時間外労働の法律。元厚生労働相の田村憲久氏が見直しの必要性を主張して話題になりました。このワードに関連するウェブコンテンツを集めてみました!
※動画・ツイート情報は、リアルタイムで取得・表示するため、時間が経ったワードでは、内容がマッチしないものが表示される場合があります。

Supported by Rakuten Developers


TOPへ
労働基準法36条に関連する動画&ツイート情報ページです!



労働基準法36条関連ツイート

mura
@wildriverpeace この記事は、労働基準法は強行法規である(労働基準法13条)。会社が残業を命じる場合、労働組合或いは雇用者の代表者と書面による協定を結び、労働基準監督署に届けなければならない(同36条)。時間外労働に… https://t.co/66RenhtQKO

ごはん
@IkeSan111 @pegapega0830 ikeさん、ペガさん こんばんは(〃▽〃) うちも有りますよ~ 36(サブロク)協定ってやつですよね! うちは労働組合があるから、労働基準法第36条に基づき労使の協定で1ヶ月の… https://t.co/AjOb9KB6vL

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

すずのすけ
ワークマンはベイシアグループっていう方がむしろ知られてないと思う。 そしてベイシアグループ内で一番多くの都道府県に出店してるのもあそこ。 労働組合が存在しないので、労働基準法第36条協定も存在しないと考えられる。

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

大きなPachiをください
日本型雇用を見直すなら 転勤廃止(判例変更) 年功序列型一括労働契約の廃止 2号社会保険制度の見直し 労働基準法36条見直し(残業関連) などなどめっちゃやることあると思うんですが https://t.co/uXs7Zllkuz

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

辞書ったー
【三六協定】 時間外協定のこと。労働基準法第36条に基づき、時間外労働および休日労働に関して使用者と労働組合または労働者の代表との間で結ばれる協定。

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

🐧公認心理師bot
36協定 時間外・休日労働は労働基準法では禁じられているが、労使協定を結び、行政官庁に届けた場合には、協定の定めにより、時間外・休日労働をさせることができる。これを労働基準法第36条に基づくことから36(さぶろく)協定と呼ぶ。

YASU
@chariko_tweet 労働基準法36条です。。。残業に関する項目。 未成年者に対してはモーニング娘ルールってのが存在。 13歳未満の演者が20時まで15歳未満が21時まで18歳未満が 22時までのルール。